麻のストライプ生地の変形ストールとラピスラズリのブレスレット

多くの方から反響があった麻のストライプ生地に余り分が少しだけあったので、変形ストールとして店頭に並べる予定です。

こちらは、簡単そうに作れてしまえそうな見た目とは裏腹に、案外、細かい作業を施していてステッチにビーズと、巻くたびに表情が変わるストールになっています。

季節も5月、連休を明けても少しだけ寒かったりするものの、厚ぼったい物は巻きたくない方には特におすすめです。

少しきつめに巻いてもらえば、真夏でも首を温めたい方におすすめだったり、緩めに巻いてもらえれば、アクセサリー感覚の首元のオシャレとして楽しめたり、いろんな活用の幅があります。

こちらは、シンプルな格好やお気に入りで毎度、同じような定番スタイルが好きな方には、首元に変形ストールを添えるだげでオシャレ度が上がって変化を楽しめますよ。

あと、人とは違った個性的な物が好きな方や、首が短めでストールが似合わないと悩んでいる方にはスッキリ巻けてオシャレに見えるので変形ストールはおすすめです。


そして、とてもシンプルなブレスレットを制作しました。

ラピスラズリのビーズも含まれたシックなブルーカラーで統一されています。

ラピスラズリと言ってもピンと来ない方もいらっしゃると思うので、簡単なご説明をしたいと思います!

こちらは、「幸運を招く石」と呼ばれていて、強いパワーを持つ石です。

ラピスラズリは、持つ人の願いを感じ取り、叶えるためのサポートをしてくれると言われていて、願いを叶えてくれるだけでなく、成長もさせてくれる石として人気が高いのです。

なぜに詳しいかと言うと、以前、友人がラピスラズリのネックレスを購入した時に全く知識のなかったzepettoに色々と詳しく教えてくれたので、名前の響きも素敵なのと、カラーも好きなので記憶に残っていて取り入れてみました。

ブルーの深めのカラーの物は、季節を問わず身に着けられるのでおすすめです。

2018年5月6日

帆布の収納ポケットたくさんバッグ

本日の新作は、帆布のシンプルバッグです。

落ち着いたブルーでオールシーズン楽しめる色目となっております。

いつもパッチワーク的な物が多いのですが、今回はシンプルにパッチワーク・ステッチなしにしてみました。

このデザインであれば、男女兼用も出来るのとシンプルな物が好きな方にもおすすめです。(バッグチャームが付いているので、カップルで使う場合はバッグチャームが見える方を持つ時は女性、バッグチャームが見えない側を持つ時は男性だったり、その時々のシチュエーションに合わせても楽しめると思います。)

そして、シンプルなデザインなのですが、シンプルながらに今までとは少し違った作り方に挑戦もしています。

分かりづらいかもしれませんが、ポケットが驚くほどたくさんあります。

今まで制作してきた中では断トツにポケットが多く、デザインが至ってシンプルな分、収納や収納ポケットから見える和柄が映えます。

極たまにですが、海外の方がお客様で来店された時に、もっと日本らしい物もあったら良かったのに!と言われたことを思い出して、珍しく和を感じさせる生地も使って、シンプルの中にも遊び心を忘れずに!の気持ちで制作してみました。

こちらのサイズは、横幅が約49 ㎝ 高さが約 23㎝ マチが約 20㎝ 持ち手約 47㎝となっております。

大きすぎず、小さすぎず、でも、ある程度の荷物を入れたい方におすすめです。

2018年5月9日

大きめのポーチとインテリアやディスプレイとしても素敵なイーゼル

普段、何げなく使っている化粧品ポーチ。

大切な預金通帳や母子手帳などをまとめて保管しているポーチ。

お薬手帳と、薬と保険証をセットにしているポーチ。

喉を傷めていると、お客様から『あめちゃん』と、のど飴をもらった時にも小さな可愛らしいポーチから出てきたりなど、どこの家庭でも必ず1つは存在しているのではないかと思わせる最強アイテムです。

zepetto雑貨店でも大小問わず、ポーチは不動の人気商品なのですが、今回は少し大きめの物を制作しました。(サイズは、横約20㎝ 高さ約17㎝ マチ約5㎝となっています。)

小さな物とは使う用途が少し変わってくるので、大きめな物だと何冊かまとめて入れたい通帳を始め、いろんなシチュエーションでお楽しみ頂けます。

ポーチを購入されていった方に、こんな風に使ってるよと教えてもらえる機会が多々あるのですが、その中でも多く聞くのが、

「バッグの中を整理したかった!」

「大切な物を見せる収納で入れて飾っておいたら、しまい忘れがなくなった!」

「季節の変わり目、年度の節目で化粧ポーチを変えるのがルーティーン!」

「大切なお友達への贈り物!」

など、いろんな理由があるのですが、聞いてみると参考になったり、嬉しい気持ちになります。

そして、今回は赤・青・緑をメインカラーとしていろんな生地を組み合わせた物で制作しました。

ステッチもあったり、面白い生地を組み合わせてみたり、毎度のこと、遊び心を忘れずにです。


そして、ディスプレイとして楽しめるイーゼルの御紹介です。

大きさは、高さ最大約26㎝ 横最大約21㎝となっているので、お気に入りの本やアート、写真などを飾って楽しんでもらえると思います。(何も置かなくても充分、インテリアとしても楽しめると思います。)

大きすぎると場所をとってしまいますが、程よい大きさなので、玄関にウエルカムボードで色紙などを結婚式で持っていらっしゃる方にもおすすめです。

写真だと、店内で販売している真鍮のアートを乗せて撮ってみました。

風水的にゴールド系を飾るのはとても良いと聞いたことがあるので、運気を上げたい方にもおすすめかもです♪

2018年5月13日

たくさん収納できるファスナーバッグと麻の編みミニバッグ|オーダー作品

斜めにつなぎ合わせた生地にファスナーポケットを付けて、カラーも黒と赤を基調にした大人なカジュアルバッグをイメージして制作してみました。

前にも後ろにもファスナーポケットを付けて、さらに中にもポケットを付けて、収納面で困らないようにしてみました。

こちらは、作家さん自らがデザイン&オーダーした珍しい生地も入っていて、いろんな面白い生地&色目の物を組み合わせてみました。

熱く語っていますが(笑)、上記の品はオーダー品となっております。

ある程度の制約があった中での制作だったので、いつも以上に頭を働かせて悩んで考えて制作したので、ブログでもご紹介です。

こちらは、色違いでグリーンカラーも制作しているので、そちらはzepetto店頭に置く予定です。(近々、完成するのでブログでも載せる予定です。)


そして、久々に麻紐を編んで、小さな小物バッグを制作しました。(編み物は、首(頸椎ヘルニア持ち)への負担が大きすぎるので、この大きさが限界ですが、久しぶりに編むと楽しいですね。)

飾って置くだけでも見た目がとっても可愛らしいので、インテリアになります。

もちろん、実用的にも使えますよ!

今、流行っている小さめのお財布と携帯をお供にしてお買い物に出かけても、愛犬の散歩の際に持っていくバッグとしても、ちょっとしたお出かけには見た目も可愛らしくコロンとしているのでおすすめです。

最近では、小学生の娘さんとシェアしているお母さんが多くいらしゃるので、家族でシェアできるよう、玄関に置いても便利かもしれないですね。

こちらは、中の内袋がパッチワークしてあるので、自己満の世界になってしまうかもしれませんが、隠れた部分も楽しめられると思います。

置いておくと、チラッと内袋のパッチワーク部分も見えるので、羽裏の美ですね。(羽裏の美とは、江戸時代に町人階級の間で、洗練されたオシャレの表現として用いられたもので、着物の袖の中や表から見えない部分にオシャレを取り入れるというものです。)

こちらのサイズは、持ち手約16㎝ 直径幅 最大約22㎝ 底約15㎝となっております。 

2018年5月16日

季節を問わず楽しめる水玉柄のトートバッグ

革の種類はたくさんありますが、(牛革の場合、性別・年齢・飼育環境・背中から脇までの部位によって、名称も値段も変わってくるので、奥深いものがあります。)

そんな革の中でも、zepettoでよく取り扱っている革は、山羊(ヤギ)革と牛革(ステアハイド)となっています。

今回の新作、水玉柄トートバッグに使ったのは山羊革です。(持ち手は牛革です。)

山羊革は、薄くても強度を保てて耐久性が高い特性があるので、ジャケットや靴などにもよく使われています。

山羊特有のシボもバッグの表情を豊かにしてくれます。(シボとは、革以外の素材ではほとんど見られないため、革独特の表情と言われている皺のことです。表面にちりめん状に細かく寄った不規則な皺模様は、山羊革独特のものだと思います。)

仕入れる際、ある程度の革の知識を覚えておくと、目利きとまではいかなくとも比較的に失敗も少なくなります。(奥が深いので、その都度疑問があった場合は、聞いたり調べていくしかないのですが・・・。)

そして、今回の水玉柄トートバッグは、裏は黒の無地で仕上げ、表はパッチワークで作った水玉柄をモチーフにした縦長トートバッグです。

A4サイズもバッチリ入る大きさとなっております。(大きさは、横幅 約30㎝ 高さ約32㎝ マチ約9㎝ 持ち手約42㎝です。)

カラーも、黒の綿生地と麻の生成りにグリーンを基調にした水玉、山羊革の赤みのあるブラウンと、これからの季節にも、秋冬の季節にもオールシーズン対応して使えるよう、少し深めの重たい色も水玉の中にさりげなく入れてあります。

そして、写真のように真ん中にファスナーポケットを付けて仕切るデザインにしてあります。

表裏でも全く違う表情が楽しめ、シンプルな面も水玉も柄物のお洋服と合わせてもケンカすることなく楽しめると思います。

収納面でも、ポケットを(ファスナーポケット2点、内側ポケット2点)多く取り入れてあるので、「カギはここ!エコバッグはここ!」と、自分なりのルールを見つけると、私のように忘れっぽい人にはとても重宝しますよ。

2018年5月17日

グリーンの横長トートバッグとグリーン×生成りの変形ストール

先日ブログに載せた赤いバッグの色違いで、グリーンの横長トートバッグが完成しました。

色が違うとこんなにも雰囲気が変わるものなのか・・・と言う程に、同じデザインでも全く異なる雰囲気になっていると思います。

カーキも赤も、季節を問わないカラーなので、オールシーズン楽しんでもらえると思います。

こちらは、明日から2日間参加するはままつ染め織りマーケット(5月19日(土)、20日(日))にも持っていく予定です。

こんな所からの告知となってしまいますが、
会場は『Any – エニイ- 浜松市中区千歳町91-1』場所は14番となっております。

時間は、2日間共に10時から17時の間となっておりますので、お時間ある方は遊びにいらして下さい。

同じ日に「マルたま市」も同時開催となっております。

そして、話を戻しますが、こちらは表がパッチワークやバッグチャームを付けて遊び心を感じられるデザインだとしたら、裏はシンプルな無地にしてあるので、バッグ1つでいろんなシーンの服装とも合わせて楽しんでもらえると思います。

サイズは、持ち手約62㎝ 横幅約43㎝ 高さ約30㎝となっております。


そして、もう1つの新作が、上質なリトアニアリネンと水玉柄の珍しい麻生地を組み合わせた変形ストールです。

zepettoでは、珍しい発色の良いグリーンを取り入れてみました。

優しいグリーンだと顔がぼけてしまう!とのお声を聞いたので、はっきりと主張する力強いグリーンを麻の生成りと一緒に巻いてもらうと、とてもオシャレに見えます。

上質なリトアニアリネンに少し遊びを加えて、ボーイッシュになりすぎないよう、細かくフリルやステッチやビーズを添えて、女性らしい雰囲気も織り交ぜてあります。

こちらは、触ってもらうと分かると思うのですが、とっても肌触りが良く夏の刺激の多い肌におすすめです。

巻き方にルールはありませんが、今回は縛って縛って巻いてもらうととっても素敵です♪

2018年5月18日

コントラスが楽しめる白黒ショルダーバッグ

先日のイベント出店の際、貴重品は全て自作のショルダーバッグに入れて店頭販売をしていたのですが、「そのバッグが欲しかった」「そのバッグが置いてあったら見たかった」と、件数的にも多く耳にしたので、小さめの物・中くらいの大きさの物と2点、店頭に置くことにしました。

(もう1点、店頭にもあるので、少しずつデザインの違う物が全部で3点ほどになります。)

上の写真は中くらいの大きさの物ですが、バッグインポーチとしても使うことことが出来ると思います。(もしくは、バッグインバッグとして大きめのバッグにショルダーを待機しておくのも、旅行の際には頼もしいアイテムになりそうですよね。)

ここ最近、手帳入れや母子手帳など、1つだけではなく、その関連した物を一緒にまとめて入れておける大きめのポーチのオーダーが多いので、ショルダーバッグにもなるけれど、紐部分を外してもらえれば大きなポーチとしても活躍出来るアイテムとなっております。

サイズは、横幅約23.5cm 高さ約15.5㎝ マチ約6㎝ 持ち手 最短約70㎝ 最大約135㎝となっております。

そして、小さめタイプの物は、可愛くポテッとしたデザインに見えるようにダーツを寄せて制作しました。

カラーも白黒、ステッチなので、季節的にもオールシーズン対応で、カジュアルな装いにとても合うデザインとなっております。

ショルダーの紐も長さの調整がきくので、長めのポシェットとしても、短めにして体にフィットするような使い方としても楽しめると思います。

こちらも、金具は取り外すことが可能なので、ポーチとしても楽しめますよ!

こちらのサイズは、横幅約20㎝ 高さ約17㎝ マチ7.5㎝ 持ち手 最短約72㎝ 最大約138㎝です。

そして、新作の2点共に反対側は無地の黒のみを使っているので、シンプルが好きな方、柄物の洋服を目立たせたい方、気分で変えたい方、シーンごとに使い分けたい方にもとてもおすすめです。(両手があくということもショルダーの利点ですよね!ちょっとしたお出かけにも最適ですよ。)

2018年5月22日

珍しいドライフラワーとインディゴミニポーチ

zepetto雑貨店では、いつも小さめのドライフラワーを置いているのですが、今回は珍しく、単品売りで南アフリカ原産のプロテア属のピンクアイスを置きました。

花の女王と呼ばれているだけあって、たった一輪飾るだけでも風格があってとてもオシャレです。

(同じプロテア属の中でも一際目立つのは、キングプロテアと呼ばれる物ですが、こちらになるととても存在感があるので、インテリアの一部として考えた時に少しだけ控えめなピンクアイスの方が個人的に好みなので、今回はこちらをセレクトしてみました。)

何の話だ?と疑問に思われそうですが、プロテア属の植物はおよそ90種類ほどあると言われているので、その中のたくさんの種類の中のお話なのです。

こちらは原種を交配して、このピンクアイスのような綺麗な色目のものが作られたようです。

苗でももちろん販売している所を見かけたことがあるので、いつか育ててみたいな!と考えている苗の1つです。

上手に育てられると木のようになるみたいです!!(海外のインテリア雑誌に、木の状態でピンクアイスがたくさん蕾をつけている素敵な写真を見たことがあります。長期戦にはなりそうですが、木になるなんて素敵です。)

そして写真のように、スカビオサ ゴールドフィンガーとユーカリなどのシンプルな組み合わせの物も販売中です。

こちらは、とても綺麗な球体でドライにしてからも花自体がしっかりしています。

ドライフラワーは、お部屋のインテリアに彩りを与えてくれて扱い方も楽なのでおすすめです。


そして、本日の新作は、インディゴの柔道生地と牛革を使ったミニポーチです。

先日のイベントで、小さな小物類がなくなってしまっているので、もう少し大きめの物も含めて只今制作中です。

こちらは、インディゴ生地を使用しているので、使っていくにあたってあたり感も出て風合いが増してきます。

底に使われている牛革も耐久性が高く、長く楽しめられる小物入れとなっております。

サイズは小さめの小銭入れや飴玉入れに適しています。(横幅 約11㎝ 高さ約7㎝ マチなし)

そして、明日の営業はお隣のヤサカで18周年記念が14時から行われます。

お時間のある方、遊びにいらして下さい。

2018年5月25日





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。